top of page

【🧠Yononaka㉔】ロボット 12/17

対話型ワークショップ「Yononaka」


テーマに関する正解のない問いに対して、1人1人が向き合って自分自身の意見をつくり、その意見を参加者同士で共有しながら理解を深めていく、そういった時間です。

毎月1回、オンライン90分の時間で実施しており、今回は「ロボット」というテーマで行いました。


私たちは大阪の八尾市でロボットプログラミングスクールを運営しており、キャリア教育の一環で「Yononaka」を開催しております。



今回の参加者は11名(小学生:4名、中学生:3名、高校生:1名、大学生以上:3名)、3つのグループでワークに取り組みました。



ワーク①「あなた専用のアシスタントロボットを作るとしたら、どのような機能や特徴を持たせたいですか?」


1人1台アシスタントロボットを作れる時代になったとします。そこで、あなた専用のアシスタントロボットを作るとしたら、どのような機能や特徴を持たせたいですか?という問いかけを行いました。(個人ワーク1分)。



多様な意見が出ました。

「スケジュール管理」「機械の修理」など、自分が苦手な部分を補う機能だったり、「学校まで連れて行ってくれる」「調理してくれる」など、日常に役立つ道具としての意見が出ました。

その一方で、「一緒にゲームをしてくれる」「アイデア出しに協力してくれる」「友達として寄り添ってくれる」など、単なる道具ではなく人間の感情に寄り添えるような、存在としての役割を期待する意見もあがりました。

参加者それぞれ、意見に対するコメントやリアクションをしながら、ロボットについての会話を楽しみました。



一般的に「ロボット」といえば人型のロボットを思い浮かべる方が多いと思いますが、信号機や自動ドアなど人の形をしていないものもロボットといわれています。

2023年は生成AI/ChatGPTが流行語になりましたが、形がないAIも、入力した言葉を受け取って、それをもとに違う言葉を出力するという意味では、ロボットといわれることもあります。


そのなかでも、普段スクール生が取り組んでいるロボットプログラミングで使用するような、「形があるロボット」について、考えを深めるワークを行いました。



ワーク②「形があるロボットを「つくって動かす」のは何のためにするのだろう?」


普段ロボットをつくって動かしている参加者にとって、いろんな理由が浮かぶと思いましたので、それを全部書き出してくださいと、アナウンスしました。(個人1分)。



多角的な視点から意見があがりました。


  1. 社会的・実用的な役割:便利さ、孤独感の軽減、人間には不可能な作業の実行、反復作業の効率化、危険な作業の安全な実行など、ロボットは社会的なニーズに応え、人間の生活をサポートするために存在するという意見。

  2. 創造性と好奇心:ロボットを作る行為自体が、創造者の好奇心や表現欲求を満たす手段であるという意見。

  3. 感情的な結びつき:実体があることで親しみやすさや安心感を得られるという意見は、人が物理的な存在に感情的な結びつきを求める傾向を示しています。ペッパーくんのようなロボットは、人間との感情的な交流を促進するために設計されていると気づいた参加者もいました。

  4. 現実と仮想の橋渡し:ロボットは、電子空間と現実世界の境界を曖昧にし、両者を結びつける役割を果たすことができます。これは、テクノロジーが私たちの現実認識をどのように変えていくかを示唆しています。


全体として、ロボットが単なる道具ではなく、人間の感情や社会的なニーズを満たすため、創造性を広げるため、そして現実と仮想の世界をつなぐため、というように大きな役割を担っていることが伺えました。




意見共有後、robotの語源を紹介しました。約100年前の演劇の脚本で使われたことがきっけで「人の形や動きをまねて、人のかわりに作業をする」ものとして、使われ始めたようです。

その後、現在最先端といわれているロボットを動画で紹介しました。









ワーク③「頭の中に入れたら能力が上がるチップ・・・使う? 拒否する?」


動画をみて考えるワーク。イーロン・マスクの「ニューラリンク」のサルで実験する映像を見て、脳内にチップを入れることの是非を問いました。





サルの脳内にチップが埋め込まれていて、手を使わなくても考えるだけでゲームの操作ができる、という内容の動画です。

現在は人間への臨床実験も開始している状況とのこと。考えるだけでスマホなどのデバイスを操作できたり、いずれ手足と連動するようになれば、重たいものを軽々持てたり、足が速くなったりできるといわれています。

そんなチップが目の前にあって、皆さんもすぐつけられるよといわれたら、使いますか?拒否しますか?理由も含めて考えていきました。



5分間の休憩をはさんだ後、前半を振り返るスライドを伝えてから、後半のワークに取り組みました。



今年の流行語にもなった「ChatGPT」ですが、我々に広まった春先は「便利だけど間違いが多いんじゃない?」という声も多く出ました。しかしそこから日々進化を重ねており、今では情報の引用元を表示できることはもちろん、「GPTs」という自分好みにカスタマイズ可能な機能もリリースされています。



今後日本ではますます少子高齢化が進み、2025年には労働者1.2人で高齢者1人を支えなければならないという状況。そういったなかで、ロボットとともに仕事をするというのはスタンダードになるでしょうし、そのために「ロボットを動かす人」の存在がますます重要視されてきます。



ワーク④「ロボットプログラミングをみんなに広めるにはどうしたらいい?」


今回の参加者は、全員私たちのスクールに関わる人たちで、日々ロボットプログラミングに触れています。今後、ロボットプログラミングをもっと普及させていくために、どういった動きをしていく必要があるか、スクール生とスタッフそれぞれ考えていきました。全体の場で1人ずつ意見共有していきました。


スクール生の意見


スタッフの意見



  1. 教育と啓蒙:小中学校でのプログラミング教育の導入、正しいパソコンの使い方としてのプログラミング教育、AIやロボットに関する知識の普及など、教育を通じてロボットプログラミングの基礎を広めるとの意見。

  2. メディアと広告:CMやゲーム内広告、メディアを活用してロボットプログラミングの魅力を伝えるとの意見。

  3. 実践と体験:実際にロボットプログラミングを体験することで、その楽しさや可能性を理解できるという意見。また、学校内のパソコン利用に関して、「自分で作ったゲームやサイトは利用OK」というルールにすることで、コンピュータのリテラシーとプログラミングへの関心を高めることができるという意見もでました。



以下、参加者の感想です。


・ワーク④「ロボプロを広めるにはどうすれば良いか?」に対して、「天皇への直談判」との回答が面白かった。身近な両親や、学校の先生・お友達、更には政治家を通り越して天皇に直接広めてもらうという勢いがとても面白かったです。極端ではありますが、事実この国で1番の影響力と広報力があるのは確かなので実現できれば日本に広まるのは確約されているでしょう。

・ワーク②「形があるロボットを作って動かすのは何のため?」に対して、現実と電子をつなぐ媒体としてロボットは作られるという意見があり、なるほど!と思いました。

・ロボットは色々な形なんだと思いました。

・ものを壊しちゃったら直してくれるロボットがあったら良いなと〇〇君が言っていて、僕も同感だと思いました。

・今後もYononakaに参加することで、どんなことでも臨機応変に対応できるようにしたいと思います。

・〇〇くんの「チップを埋めたら、それはもうロボットなんじゃないか」という意見が、確かに!と思いました。

・今後も、自分の固定観念を壊して、新たな意見を取り入れていきたい。いつも、自分とは違う意見が必ずあるということを実感できるようになりたい。


小学生であっても「誰一人として同じ意見はない」と、Yononakaを行っているなかで感じます。顔や体が異なるように、物の見方や考え方も人それぞれ。各々の経験と、それに対する感じ方が形作っています。

だから完全に分かりあうことはできません。ただ「分かろうとする」ことはできます。自分の意見を表明することももちろん大事。それと同じく、他者の考えを聞いて、その人の頭の中をイメージすることも大事だと思っています。

この時間で学んだことが、必ず参加された方にとっての貴重な体験になっていくと自負しておりますし、今後も毎月続けていきたいと思っています。



次回のテーマは「学校」についてです。いつものオンライン開催で、さまざまな視点から考えるワークをしていきます。


予習や事前知識は不要で、自然体でお気軽にご参加いただけると幸いです。


日時:1/21(日) 10:30~12:00:「学校」



名称未設定のデザイン (4)_edited.png
bottom of page